2006年06月19日

10か月ぶり。

二次元ネタなので、こっそりとこっちに更新してみる。
なんだろね。
二次元ってのは根が深いね。
卒業までに抜けられるだろうか。
なんか知らん間に部活でも布教されていたようで、信者増えてたし。
誰か抜ける方法あったら教えてください。




それはともかく、最近見たアニメ。
「涼宮ハルヒの憂鬱」
「ひぐらしのなく頃に」
見てる数は完全に減ってますが…。
まぁ しゃーないさ。
半分引退した身だしな。



ハルヒは普通におもしろいね。
誰が良いっつーかといえばキョンが良い。
脳内の独り言を延々と聞かされるパターンが妙にフィットしてる
。まぁ アレだね。君、突っ込みだね。
あと、長門ね。
レイとかぶってるけどね。
ええ。レイ・ペンパーと←ウソ。

ひぐらしは恐いっす。
ゲーム版まだやってないからアニメの方はドキドキして見れましたよ。
で、突っ込み入れましたよ。

「おいおい、圭一。なんでそこで外に出ちゃうんだよ!」
「あー やっぱり殺されちゃったよ。」
「ひぃぃぃぃっ!」

ってね。あ、最後の春原ジャナイヨ。
ま 日常が非日常に変化するってのはホラーの常套。
”誰にでもありうる”って感じが恐怖の源。
今時ジェイソン見ても笑えるし。
ハウスオブザデッドやってもイマイチ。
ってのは、日常と乖離しすぎてるからなんだろね。


さて 以上のことから、現代で売れそうなものを考える。

@クオリティ
すげぇ出来が良い。もう労力とか全然惜しまない。

Aストーリーのギャップ
前半は学園モノ。恋愛モノ。要するにぬるい感じで。
後半は一気に形を変えて、ホラー・ミステリー系になる。
とか考えれば、key作品は全部それ系。
B秘匿性
全ては明かさないこと。
謎は人を引き寄せる。口コミで。
で、売れる。

以上を踏まえて誰か作ってください。
京アニのようなクオリティで。
ひぐらしのようなギャップがあって。
大場つぐみのような秘匿性を持つ作品を。




music:「らずべりー」by KOTOKO
posted by ハヤブサ at 02:41| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。