2005年08月29日

EPISODE2〜定義〜


院試がんばれ!


という時期にやっぱりバカ話のつづき。


さてさて

オタの定義ってなんだろね・・・。


というわけで早速ネットで調べてみよう。





カチッ。





と、思ったがそれ自体がオタっぽいのでやめた。



”自分の頭で考えろ”

”自分の足で立って歩け”

”あんたには太い足がついてるんだ”



と、聞こえたので。




・・・。













もういろんなとこでオタについては話されてそうなので

適当にゴーマニズムさせてもらうと。












要するに”自覚の問題”なんじゃないだろうか?












どんなにオタっぽい生活をしてても


本人が自分をオタだと否定する。








漫画やアニメより大切なことがある。










単なる趣味でしか捉えていない。











そういう人はオタじゃないと思うわけ。










まぁ ただこれは「個人」で見た場合ね。



カミングアウトしてない人の定義、みたいな感じ。













実際に世間に「自分はオタです」と公言してても




そのレベルにはかなり差があるのではないかと〜。










なので。





アイドルとかが「わたしオタクなんです〜」とか言ってるのも




本当のオタから見たら”?”って感じなんだろね。



















・・・だめだな。俺にはオタは語れん。




ガンダム好き&サクラ好きのあの人や



漫画買いすぎのあの人や



スパロボ&ツンデレ属性のあの人に語ってもらった方が良いかもしれん。
















ま あんまり広義な話をしててもしょうがないんで。









一番重要な自分の話ですよ。








”果たしてオタから抜けられるのか!”










ってね。










次回、EPISODE3〜等価交換の原則〜につづく。

ハガレン見すぎ
posted by ハヤブサ at 02:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 重要そうなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。